スキー・スノーボードツアー専門店 スキーツアーオフィススキー&スノーボードツアーの専門店 スキーツアーオフィス電話予約 24時間オンラインで空席照会・予約が出来ます TEL 03-5354-7880 営業時間 4~11月 月~金 10:00~18:00 土日祝 休み  12~3月 月~金 10:00~20:00 土日祝 10:00~18:00

スキー・スノーボードツアーの専門店STO スキーツアーオフィス  日帰りスノボツアー参加のスケジュールを立てるなら


お支払いは銀行振込・クレジットカード決済・コンビニが選べます。

日帰りスノボツアー参加のスケジュールを立てるなら

スキー・スノーボードツアートップ > コラム > 日帰りスノボツアー参加のスケジュールを立てるなら

日帰りスノボツアー参加のスケジュールを立てるなら

スキー・スノボツアーへの参加を検討している方はこちらをチェック


これからウインタースポーツを楽しむために、日帰りのスケジュールでスキー・スノボツアーに参加したいと考えている方もいるしょう。その中でも、スノボツアーに参加する場合は、スノーボードを楽しむために必要となるグッズに関する理解も深めておくことが大切です。ほとんどのスノボ用品は、レンタルすることが可能になります。使用するスノボグッズを探すにあたっては、自分の適性やニーズ、希望条件に合ったものを選ぶことが大切です。
スノーボードのスタイルは、アルペンスタイル・フリースタイルの2種類に分かれており、それぞれ異なる形状のボードを使用します。その内アルペンスタイルでは、後ろ側がカッティングされたボードを使用し、一方向のみに滑走することとなります。その一方で、フリースタイルは、両方向に滑ることができるため、大半の場合はこちらを選択することになるでしょう。フリースタイルのボードの中でも、オールラウンドタイプのものは、初心者の方に適しています。
次に、バインディングは、ビンディングとも呼ばれ、ボードとブーツを固定するために使用する金具のことを指します。こちらは、ベルトで固定するタイプと、ステップイン方式で装着するタイプに分類され、硬さや重量などもさまざまに異なる商品がラインナップされているので、一人ひとりのレベルに合ったものを選ぶことが大切です。例えば、硬いバインディングは、足からボードに対して力を伝える時の精度が高くなります。その反対に、ミスも伝わりやすくなるので、初心者の方には、やわらかいバインディングを選ぶのがおすすめの方法になります。

スノボ用品を選ぶにあたってのチェックポイントをご紹介


日帰りのスケジュールでスノボツアーに参加し、スノーボードの魅力を満喫するためには、用具の選び方にも気を配ることが大切になります。中でも、ブーツは、ボードと同じくらい重要なアイテムになります。こちらは、非常にソフトで、保温性・通気性の高い性質をしています。フリースタイルの場合には、ソフトブーツを選択することとなります。最近では、デザイン性に優れたブーツも数多く登場してきています。それらの商品は、外見的な印象から興味・関心を惹かれるものですが、ブーツを選ぶにあたっては、デザインよりも使い勝手の良さに重点を置いて、それぞれの商品を比較・検討することをおすすめします。選ぶ時には、ゲレンデで着脱することを想定し、紐の使い勝手や、歩きやすさを考慮に入れて商品を選びましょう。
次に、ウェアは、ワンピースタイプとセパレートタイプの2種類に大別されます。これは、上下が一体となっているか別になっているかの違いです。スノーボードのウェアは、寒さや風に強く、通気性・発刊性に優れた仕様となっているほか、デザイン性も高くなっています。そのため、スキルのレベルにかかわらず、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件にマッチしたものを自由なスタイルで選択することが可能です。ウェアの購入・レンタルをするにあたっては、前もって必ず試着をしましょう。その際には、両手を伸ばしたり、屈伸運動をしたりして、身体の動きが妨げられないかを確認しておくことが大切です。

グローブやリーシュコードなどの用具と、利用する業者の選び方について


これから日帰りのスノボツアーに参加するスケジュールを作成するにあたっては、用具の選定方法もチェックポイントになります。例えば、グローブには、厚手タイプやミトンタイプのものもあります。しかしながら、初心者の場合には、それらの商品を選ぶと指が動かしにくくなるので、薄手で5本指タイプのグローブを選ぶことをおすすめします。また、リーシュコードは、ボードが流れるのを止めるために使用するアイテムで、ほとんどのスキー場で装着するよう求められています。
その他に、ニット帽やゴーグル、パスケース、デッキパッド、ヒップパッド、ひざパッドなどのグッズは、あると便利に使用することができます。こうしたものは、スキー場に持参しなくても、現地のショップで取り扱っているケースが多く見受けられます。そのため、必要に応じて、現地で購入するという選択肢もあります。
次に、スキー・スノボツアーへの参加を検討するのであれば、利用する業者の選び方にも気を配ることが大事です。中でも、日帰りプランから温泉付きの宿泊プランに至るまで、バラエティ豊かなプランを用意しているところは、多彩な活用シーンが見つかります。中でも、新幹線やバスを使用するツアーは、最近になって、幅広い層の顧客から人気を集めています。こちらのツアーを選択すると、新幹線のチケットや宿泊施設などの手配をそれぞれにするよりも、かかる費用がリーズナブルになるというアドバンテージがあります。そのようにして浮いた分のコストは、ランチや土産物を豪華にするなどの目的に使用することができます。

次の記事へ

TOP