スキー・スノーボードツアー専門店 スキーツアーオフィススキー&スノーボードツアーの専門店 スキーツアーオフィス

スキーツアーに持っていくものは?あると便利なものや必須アイテムを教えます。


お支払いは銀行振込・クレジットカード決済・コンビニが選べます。

スキーツアーに必要な持ち物とは?

スキーに行く時、ツアーを利用する方は多くいらっしゃいます。ツアーにすることで、宿とリフト券、ボード・ウェアレンタルまで一括で申し込めるものもあるので、非常に手軽で便利です。しかし、そんな色々と便利なツアー形式だからこそ、必要な持ち物を見落としてしまう可能性があります。スキーは専門の道具や、装備が必要なスポーツなので、ゲレンデについてから足りないモノがあるととても面倒です。そのようなことがないためにも、スキーツアーに必要な持ち物を確認しましょう。

身分証は必須

スキーツアーに参加する際には、免許証や健康保険証などの身分証明書を持っていく必要があります。ツアー会社によっては参加時に本人確認のために免許証などの身分証明書の提示を求められることがあるためです。 現地でスキーグッズなどをレンタルする場合にも身分証明書の提示を求められることが多いので、ツアー参加時に身分証明書を提示する必要が無い場合も持参すると安心です。 また、スキーはケガの起きやすいスポーツでもあり、ゲレンデのような気温の低い場所では体調不良も起きやすくなります。保険証が無い状態で病院に行くと、治療費を全額負担で支払わなければなりません。万が一のケガや突然の体調不良に備えて保険証も必ず持参するようにしましょう。

インナーウエアの重要性

インナーウエア、靴下、下着は日帰りであっても着替え用として数着持っていくことをおすすめします。 ゲレンデに行くと、雪や雪解け水で濡れる可能性があります。また、スキーやスノーボードはウインタースポーツですので、寒い中であっても意外にたくさんの汗をかきます。汗をかいた状態でそのままにしておくことも、身体が冷えてしまう原因となります。 また、インナーウエアは綿の素材のものよりも、化学繊維のものをおすすめします。綿素材のものは汗が乾くのに時間がかかりますが、化学繊維は汗で濡れても比較的早く乾いてくれるからです。このように、インナーウエアは化学繊維のものを数枚、また靴下や下着もこまめに着替えられるように多めに持っていくことが大切です。

日焼けに要注意

寒さ対策として、温かいインナーやカイロ、ネックウォーマーなどの準備を忘れることはないでしょう。その上でゲレンデが晴れているときに絶対持っていたほうがいいものの一つが日焼け止めです。ゲレンデは標高が高いため、平地よりも多くの紫外線を浴びてしまいます。  さらに雪による照り返しにより、夏の日中と同じくらい日焼けをする可能性があります。一日、晴天の中で日焼け止めをつけないでスキーやスノーボードを楽しむと、終わったころには顔が真っ赤になったり、ゴーグル焼けをしてしまいます。 朝きちんと日焼け止めを塗っても、動いて汗をかいたりすると取れてしまうので、何回か塗りなおすことも大切です。そのためにも、ゲレンデにいる間は常に持ち歩くことをおすすめします。

意外と多い、スキーの必需品

スキーツアーには免許証や保険証といった身分証を必ず持参しましょう。他にも、スキー・スノーボードをしていると非常に汗をかきやすくなるので、インナーウエアは多めに持っていくことが重要です。 また、日焼け止めは忘れず持ち歩きましょう。雪による太陽の照り返しは、強烈なので、日焼け止めを塗らないとゴーグル焼けしてしまいます。 レンタル用品については、ツアーのプランを確認することも大切です。もし小物がレンタルできない場合は自分で用意する必要があります。あなたの参加するスキーツアーのレンタルのプランをしっかりと確認し、何が必要なのかをはっきりとさせておきましょう。 スキーツアーといえど必要な持ち物は多いので、油断しないようにしてスキーを楽しんでください。


激安スキーツアーを選ぶ上で注意したいポイントとは。  一覧ページ
TOP