スキー・スノーボードツアー専門店 スキーツアーオフィススキー&スノーボードツアーの専門店 スキーツアーオフィス

スキーが上達する方法を教えます。


お支払いは銀行振込・クレジットカード決済・コンビニが選べます。

スキーが上達する方法を教えます。

あなたはスキーが上達する方法を知っていますか。スキーをはじめとするウィンタースポーツは他のスポーツが得意な方でも、コツを掴まないと上達できない場合があります。滑る前にしっかりとスキーが上達するためのポイントを押さえておきましょう。 スキーの技術的な壁は、初級者、中級者、上級者で全く悩みが異なります。レベル別に、違う課題が出てくるのはどのスポーツでも同じです。本記事ではスキーの上達方法について解説します。

スキーの初心者は歩く練習から

スキーの初心者が上達のためにまず行うべきことは、平らな雪面でスキーを履いた状態で歩くことです。スキー板で雪面を歩くと言うことは、普通に道を歩くのとは違います。その感覚をつかむことがスキー上達の最初の一歩となります。 スキー板を履いて平面を歩くことができるようになったら、次にカニ歩きで斜面を登ることを練習します。この練習により、左右のスキー板のエッジを使って前後に滑らないようにスキーのコントロールができるようになります。 さらに転ぶ・起き上がるという練習をしましょう。正しく転んだり置き上がったりできるようになることで、大きなけがを防止することができます。それらのことができるようになったらボーゲンの練習をしましょう。

初級者がまっすぐ滑ることのできない理由とは?

スキー初級者が、スキーを苦手とする理由のひとつとして「まっすぐに滑れないから」という声をよく耳にします。これはスキーのまっすぐ滑る原理と曲がる原理や原則を知らずに始めてしまうためです。 スキーは片方の足に体重をかけることで体重をかけた方向に自然に曲がるようになっています。体重をかけた方にブレーキがかかり、ベクトルの方向が変化するという事象を利用しているからです。 つまり、まっすぐ滑る為には両足に均等に体重をかけなければなりません。しかし初心者は均等に体重をかけることが難しいのでどうしても体重がかかっている方向に曲がってしまいます。 スキーでまっすぐ滑り続けることはプロでも容易ではありません。まっすぐ滑るためには、スピードを調節したり右に曲がっていると感じたら左に体重をかけて方向を修正する必要があります。 このようにスキーの原理や原則を知っていれば思わぬ方向に曲がってしまっても落ち着いて方向を修正することができ、比較的早く上達することができます。

スキー中級者が上達するには

スキーでボーゲンが上手に滑れるようになり、スピードのコントロールができるようになってくると、スピードへの恐怖心がなくなってきます。そうなると、次の段階に進むことが可能となります。 スキー中級者として上達するためには、まず、視線を上げることが大切です。初心者のころは、ついつい足元のスキー板を見てしまいがちですが、視線を前に向けるようにします。そうすることで状況判断できるようになり、気持ちの余裕も出てきます。 そして徐々にスピードを出すようにします。スピードを出すということは、スキー板を八の字に開くボーゲンから段々とスキー板の幅を狭くし平行にして滑ることとなります。このことで自然とパラレルに近づけることができます。

スキースクールで講習を受ける重要性

スキーを上達するコツは、スキースクールで講習を受けることも一つの案です。よくあるケースとして、スキーの上手な友達に教えてもらう方法があります。気楽習えるメリットはありますが、素人によるレッスンは自己流になってしまうことで、場合によってはスキーの上達を阻んでしまうことがあります。そのため、短期でスキー上達を望む方は、スキースクールで講習を受けることをおすすめします。 スキースクールではインストラクターのお手本となる滑りを見てイメージすることができます。また、自分の滑りの悪い点を指摘してもらいながら、修正していく作業ができます。スキースクールが終わったら、習ったことを元に反復練習し、自分なりに上手になったと感じたところで、もう一度レッスンを受講するとよいでしょう。再度レッスンを受講することで、インストラクターの滑りを再確認したり、適切な練習方法を提案していただくことが可能になり、さらにスキーが上達できるからです。

上達法を知り、スキーの壁をブレイクスルーしよう

スキー初心者はスキー板をつけた状態で、歩く練習をしましょう。平坦な雪上を歩くことができたら、次は斜面をカニ歩き、転んで起きる練習、ボーゲンとステップアップしましょう。 いざ滑り始めるとまっすぐ進まないという初級者は、どちらかの足に体重が偏っている可能性があります。左右のバランスを保つために、右へ曲がったら左、左へ曲がったら右へというように、均衡を保つ意識を持ちましょう。 ボーゲンができるようになったら、前を見る練習をしましょう。前を見て状況確認ができるようになったら、徐々に板を並行にして、パラレルに移行してみましょう。 最後に個人での上達に限界を感じたら、スキースクールに行ってみましょう。短期のレッスンもあるので、あなたの上達の糧にしてください。


正しいスキーメンテナンス方法を教えます。  一覧ページ  スキーオフトレでおすすめの方法を教えます。

TOP