スキー・スノーボードツアー専門店 スキーツアーオフィススキー&スノーボードツアーの専門店 スキーツアーオフィス

正しいスキーメンテナンス方法を教えます。


お支払いは銀行振込・クレジットカード決済・コンビニが選べます。

正しいスキーメンテナンス方法を教えます。

スキーをする時に、自分のスキー板を持って行く方は決して少なくありません。しかし、自分の板を持つということは、メンテナンスも自分でする必要があります。せっかく高品質のスキー板を購入しても、メンテナンスを怠ってしまうとスキー板の寿命が短くなってしまいます。そうなる前に、適切なメンテナンス方法を把握しましょう。

スキー板のメンテナンスの重要性

スキーシーズンを楽しんだ後は、スキー板やスノーボードなどスキーアイテムの管理保存が重要です。ただ大事にしまっておけばいいというものではありません。シーズン中についてしまったいろいろな汚れを落とすことが、愛用アイテムの寿命を延ばすために必要です。 チューンナップショップに持ち込んでメンテナンスしてもらう事も可能ですが、メンテナンスは下準備と知識があれば自分でも可能なのです。

同じスキー板を10年以上使うなら、メンテナンスが大切

他のバインディングと比べて圧倒的に履きやすく装着が簡単なのは、ステップイン型と呼ばれるタイプです。かつてのステップイン型は金属で出来ているため重いと言われていましたが、現在は改良が進みずいぶんと軽くなりました。 しかし、ステップイン型専用のブーツを購入しなければならないため、購入の際には注意が必要です。ステップイン型の板は、シンプルなので持ち運びは通常のものに比べてコンパクトになります。

多種多様なメンテナンス法とは

メンテナンスといってもいろいろあり、簡易的なワックスやホットワクシングまでさまざまな方法があります。ホットワクシングは、アイロンを使って固形のワックスを温めてソール全体にきれいにワックスをかけていく方法です。本格的にワックスを塗りたい時におすすめです。簡易的なワックスは、基本的には塗るだけですので、ホットワクシングに比べると耐久性は劣りますが、時間も手間もかからずに素人でも手軽にメンテナンスすることができます。

業者にメンテナンスをしてもらうメリット

スキーシーズンが終わると、来シーズンにきちんと使えるようにスキーの手入れは大切なことです。しかし、スキーの手入れだけでなく、パフォーマンスを向上させるためにはチューンナップをプロにお任せしたほうがよいでしょう。 チューンナップはネットで申し込みをし、宅配でやりとりすることもできます。この方法は手間のかからない簡単な方法です、料金が安くなることもあります。 しかし、やはりショップに直接持ち込むのがおすすめです。ショップに直接持ち込むことで、シーズン中に付いてしまった傷や痛みを確認しながらメンテナンス方法を提案してくれるお店もあります。あなたが納得した形で、納得した料金でチューンナップをお任せすることができます。

メンテナンスを怠らず、スキー板を長持ちさせよう

スキー板は倉庫に保管するだけでは万全ではありません。スキー板を使った際は適切なメンテナンスを施さないと、板本体の寿命が短くなってしまいます。逆に、適切なメンテナンスを続けていれば、同じスキー板でも長く使用することができます。 スキー板のメンテナンスには、ワックスを利用しましょう。ワックスにも簡易的な種類やアイロンを使う本格的なホットワックスなど、さまざまな種類があります。 スキー板のメンテナンスを自分でやるのもよいですが、プロの業者にメンテナンスを任せるのも選択肢のうちのひとつです。プロの業者のメンテナンスをすることによって、スキー板のパフォーマンスをあげることもできます。 適切なメンテナンスをして、あなたのスキー板を長持ちさせましょう。


スノボーのリエアントリーをはじめとしたビンディングの種類と特徴を教えます  一覧ページ  スキーが上達する方法を教えます

TOP