スキー・スノーボードツアー専門店 スキーツアーオフィススキー&スノーボードツアーの専門店 スキーツアーオフィス

激安スキーツアーを選ぶ上で注意したいポイントとは


お支払いは銀行振込・クレジットカード決済・コンビニが選べます。

激安スキーツアーを選ぶ上で注意したいポイントとは

泊まりがけでスキーをする時、宿とリフト券とスキー用具のレンタルがセットになっているスキーツアーを利用する方は多いでしょう。ツアーにすることによって、個別の手続きをしなくても済むので、快適にスキーを楽しむことができます。 スキーツアーの中でも、激安プランは若者を中心にとても人気です。しかし激安プランは、注意点がいくつかあります。これらを把握していないと、間違えてあなたの希望する条件に合わないプランを選んでしまう可能性があります。ここでは、激安スキーツアーを利用する上での注意点を解説します。

激安スキーツアーのオプションで付いてくるレンタル品に注意する

スキーツアーの中にはオプションとしてスキー板やスキーウエアやグローブなど何点かのツールのレンタル料金が込みになっているツアーもたくさん存在します。 現地で一日レンタルした場合、スキーは3,000から4,000円ほどかかるので、ツアーのオプションとして含まれているならお得です。 しかし、激安スキーツアーで扱われているレンタル品は粗悪なスキー板の場合があります。これは、一括で安値で購入し、使い回される中できちんと手入れがなされていないことがあるからです。 せっかくのスキー旅行で粗悪なスキー板をつかまされて快適にスキーを楽しめずがっかりしないためにも、目先の得だけにとらわれず、注意深く検討することをおすすめします。

リフト券付きツアーの払い戻しには注意

スキーツアーの中にはリフト券付きのもあります。しかし、当日現地に到着してから、強風や吹雪などの悪天候やその他やむを得ない理由によってリフトが終日運休または数時間の短縮となる場合もあり得ます。 このような場合、未使用のリフト券や、運行時間が短縮されたことによる差額の払い戻しなどは基本的にできません。 ただし、各スキー場の判断によっては、他のスキー場での振替利用ができるようになる場合たり、サービス券と交換してもらえる場合があります。これらはツアー会社やゲレンデによって異なります。

バスツアーの朝発と夜発を比較する

スキーツアーには「夜発」と「朝発」の二つの種類があります。夜発は、夜のうちに出発して朝にスキー場に到着するものです。睡眠はバスの中でとります。どこでも寝られる方はよいのですが、バスで寝ることが苦手の方は寝不足でスキーをすることになるのでつらい可能性があります。 対して朝発のツアーの場合、自宅で十分に睡眠をとってからツアーに参加が可能です。しかし、スキー場に到着する時間が夜発に比べて遅くなりますので、スキーを楽しむ時間は短めとなります。また、スキーレンタルが付いたツアーは、夜発と朝発の料金に差がなかったり、夜発の方が安くなることもありますので、一概に朝発が安いわけではありません。

安いツアーは融通がきかない場合がある

スキーツアーを安さだけで選んでしまうと、希望の条件に合わせられないこともあるでしょう。 例えば、昼行便やトイレ付き車両などオプションやグレードアップしたプランに対応していないなどです。中には荷物を事前に送付する場合は利用者が各自で利用施設に問合せる必要があったり、当日ではオプションを追加できなかったりすることもあります。 また「宿泊施設おまかせプラン」といったプランでは、ツアー出発時の集合場所は決まっているものの、宿泊する施設は宿泊日の3日前になってやっと決まるなど、利用者の希望が通らないこともあるので注意しましょう。

値段だけでなく、あなたにあったプランを選ぼう

激安スキーツアーでレンタル用品を利用する場合は、粗悪品しかないケースがあるため、注意が必要です。 またリフト券付きの激安ツアーは、万が一悪天候やヤムを得ない理由でリフトが使えなくても、払い戻しができない可能性があります。 そして激安ツアーのバスには朝発と夜初がありそれぞれメリット、デメリットがあるので、よく検討してから選びましょう。 他にも、激安ツアーでは追加オプションが利用できなかったり、「宿泊施設お任せプラン」にして、不便な宿になっても融通がきかないことが多くあります。 激安ツアーに申し込む際は、これらを参考に上手にツアー選びをしましょう。


スキーオフトレでおすすめの方法を教えます。  一覧ページ  スキーツアーに持っていくものは?あると便利なものや必須アイテムを教えます。

TOP